ガーリーぐり父と連休






                     連休は珍しくショッピング。
                     月末に誕生日を迎えるぐり父の、誕生日プレゼントを物色しに
                     久々の都会ショッピングへ。
                     池袋西武→新宿伊勢丹→青山界隈散策と、私達らしからぬ
                     デートっぽさ。
c0149404_22304850.jpg

                     デリッツエフォリエとかつついちゃったり・・・超珍しい!
                     ピスタチオとヨーグルトが美味しかった。





c0149404_2233525.jpg

                     でもシメはここ!!福蘭の餃子!!         
                     初めて食べた時感動して、ずうっとぐり父にも食べさせたかった。
                     この、揚げてからタレに絡めてる独特の調理法と、
                     生ニンニクたっぷりのラー油ダレがたまらん。店内のきたなトランぶりも最高!


c0149404_22373082.jpg

                     こちらはホクホクのあっさりシュウマイ。お肉の味がジュワ~~


c0149404_22382313.jpg

                     これは私が初挑戦した豚足。
                     豚足自体は、幼い頃から親しみ深い食材なんですが(え・・)
                     外で食べるのは初めて!!
                     そりゃービールも進むわ!!って、ダメデシタ。
                     頑なまでに止められました。泣く泣く水でがまん、目の前でグビグビ飲む
                     男に怒り心頭・・・!!


                     結局誕生日プレゼントとしての御希望に沿う品が無かったが、
                     次の日のサマーセールでぐり父は長年欲しかったというシャツを
                     激安でゲット。
                     彼は洋服を買うと、必ずと言っていいほど、家に帰ってすぐ、
                     『ファッションショー』を開催する。
                     というより、なぜか私が新しい服と今持ってる服のコーディネートチェックを
                     頼まれる。

                     今回はシャツだったので、帽子やらボトムスやらをひとつひとつクローゼットで
                     着替えてきては、人様の前に出られないような短パンと穴開きTシャツを着て        
                     ソファにだらっと座っている私が、『それはかわいい』とか『ヘンではないけど平凡』
                     とか『絶対それは合わせちゃダメ』とかエラそうに言って、
                     ぐり父は「そんな汚ねぇカッコの奴に言われたくないんだよ!」などと言わず、
                     逆らうことなくそのままウキウキしながら、
                     洗面所の鏡へ直行、言われたことを自分で確認して次の着替えへ。 
                     それがだいたい6往復くらい続く。ぐり父はとっても楽しそう。
                     すごいなって思う。すごい女の子っぽいなって。
                     私は、かわいいよとか言ってあげるだけ。

                     つくづく私達は男女逆転の立場。      
                     
                     因みに私はたったひとり、ベッドルームに引きこもって1人ファッションショー
                     がお決まり。
                     最近は滅多にしてないけど…   
                     小さい頃母の1人ファッションショーを見物してたの、思い出す。
                     楽しかったなぁ・・



         
[PR]
←menuへ