味噌舌





c0149404_1329386.jpg

              舌は好きですか? そうです、舌です、タンです。
              私は、大好きで~す!!
              ということで、写真は、母の伝授料理、味噌舌です。

              小さい頃から母の味噌舌を食べ、『うっとり』するとはこういう感情なんだと学びました。
              とにかく、旨いんです。舌が舌の上で、溶けます。←あまり良い表現じゃないですか・・?


              ずっと作りたかったのですが、牛肉輸入諸事情で、ブロックのままの舌が買えない、
              またはあっても超高額、で作れませんでした。
              最近業務用スーパーでやっと手に入り(オーストラリア産)、ついに作れました。
              やはり格安ではないので、母と割り勘。私が作って実家へ半分あげることに。

              モノが入りにくいというだけで、手に入ってしまえば作り方は超カンタン。
              圧力鍋と冷蔵庫と味噌だけで作れます。
              解凍後、水ひたひたで圧力鍋で35分くらい。その後たて半分に切り、味噌をちょっと
              たっぷり目に塗りたくり、タッパーで一晩。濃い目にしたければ2晩くらいおいてできあがり。
              料理と呼べるのかと言うくらい簡単ですね。



c0149404_1485853.jpg

              味噌を拭き、薄く切っていただきます。
              グロい・・と思う方は、可愛いめのお皿に盛るのがポイント(?)。
              切った後少し常温に戻すと、とろ~んとなって更に美味!
              バゲットにのっけて、赤ワインと、ご飯とも・・・!
              
              ネットにも似たような料理レシピあります。是非!!




             
 
              
[PR]
←menuへ