<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

私の大好きな作家、佐野洋子。

武蔵美出身の絵本作家で『100万回生きたねこ』が多く知られる。

私は彼女の絵もリトグラフも大好きだけど、やっぱり、 文章が好きだ。

彼女のエッセイは殆んど読んだ。
もう10年以上前だけど 『ふつうがえらい』を読んで、美大受験を乗りきった気がする。


彼女の文章は、全く飾らない、術の無い、それなのに、選ぶ言葉を並べたら、
どんな詩より美しく強く心にゆきわたる。
当たり前のことを、ただ当たり前に書いてるだけなのに、
どうしてこんなに面白いのか、愛しいのか、とても不思議。
読み終えるといつも、
栄養のある美味しい食事を済ませた後のような気分になる。

絵本以外はエッセイがほとんどだけど、
時々絵の無い絵本のような短編集もある。
『嘘ばっか』はグリム童話を彼女がパロディにしたもの、
というより彼女が解釈して書いたもの。
原作よりずっとおもしろい。

そして、必ず切ない。

最近、若い作家さんの書いた恋愛小説を久々に読んでみたけど、
恋愛小説なのに、切なくなかった。
ただ、こんなことが現実にあったら嫌だなってだけの感想。。
そしてなぜかどこかで聞いたことのあるような内容…。

彼女のエッセイや短編集は、ただただ彼女の日常思うことや
生きてきたことが書いてあるだけなのに、ドキドキするし、切ない。

私は多分、恋愛小説よりも、
1人の人が生きた本当のノンフィクションに切なさを感じるんだ。

そして彼女の生き様は、真似できそうで、なかなかできない。


戦時中に生まれ育ち、物凄く過酷な幼少期 (本人は不幸と思っていない)、
兄弟の死、美大時代、結婚、出産、離婚、彼女を取り巻く家族や他の人々、猫と犬…
楽しいことも、死にたいことも、全部受入れなきゃ、それが生きることだと教えてくれる。

大切な人の死を凄くリアルに伝えてくれる。
どんなにあっけなく、残された者がどんな風に感じるか。
出産を恐ろしくも最高に楽しいものだと教えてくれる。死んでも子を産みたくなる。


彼女は自分で、趣味もなくただ読書をしてだらだらしていたい暗い人間だというけれど、
私はそんな佐野さんが大好きだ。だらだら読書をしている彼女の中に、
どんどん見たことも無いすてきなユーモアが生まれていくのだと思う。



c0149404_2158312.jpg

先月出た新刊、『シズコさん』。

今回のこれは、いままでとちょっと違う。

それは 彼女の母親が主人公であるから。

読む人を楽しませるというよりも、
いつも以上に彼女は自分のためにこれを書いたかのような赤裸々っぷり。
彼女の人生の中に、母がいて、父がいて、家族がいたのだと言うことを、
ずっと心に刻み付けるように記録してある。そして70過ぎにして、素晴しい記憶力。
4,5歳の頃のことをこんなに鮮明に覚えてること、五感が憶えていること?
きっとそれだけの体験をして、強い感受性がずっと記憶しているのだろう。


私も母親との関係にどちらかというと悩まされている方。昔から。

彼女のお母さんとの関係とは違うけど、

結局、母親に、何も望むなって事が書かれている様な気がした。
母親なんて、という意味でなく、
母というだけで、母親はすごいんだってこと。
好き嫌いは別として、無条件の何か。

そしてそれは多分、娘である自分が、大嫌いであろうとも、誰よりも知っている何か。


母と娘は刺々しい。

うちは結構刺々しい。


この本で、また佐野さんに、良くも悪くも諦めさせてもらえたから、
また明日から自分なりに生きようと思える。
[PR]
by giddy_girl | 2008-05-20 22:21 |
M子とデート。
…M子が多すぎるな…(自分もM子だし。。)
Mっぺにしよう。

1月以来Mっぺと会う(この時以来 http://giddygirl.exblog.jp/7977946/)。
Mっぺは王子の大学の同級生で、まだ出逢って日も浅いのに、ハイペースで仲良しになってくれた才女。

色々悩んだりすることがかぶったりして、面白楽しく慰め合ってる感じ…emoticon-0155-flower.gif

友達少ないけど、数じゃない!って思わせてくれる貴重な子だよ。。私の友達みんなそうだけど。。


で、今回はMっぺが気になっていた恵比寿の『焼鳥戎』へ。ガーデンプレイスタワー39階にある、割と上品な居酒屋さん。
c0149404_21294458.jpg

今時分夜7時頃に行くと、こんな逢魔時の素敵なビューが拝める。

Mっぺが会社のパーティで使いたいとの候補店だったので、二人とも初来店。。
外からのぞくと、、きれいだけど、なんか、、、おやじばっかだね。。。

しかし勇気を出して入店。

おやじの団体を無視すれば、まだ空いている。
39階の角なので、スカイビューが凄いきれい。。

ここでMっぺテンション上がり始める…。
角のカウンターをゲット。
ここはかなり良い席!!
ここは現地集合してでも取っておくべき席!!

焼鳥がウリらしいけど、季節の野菜を使った一品や、
和食だけでなく、美味しいスペイン系の洋食も食べれてかなり満足!!
梅酒、イベリコ豚のチョリソーからはじまり、焼鳥二品、山菜の天ぷら、鶏がらスープ、
羊のチーズ、キムチチャーハン、コロッケetc…

後で王子に話したら、「おやじくさい選択だね…。」と言われたが、、
美味しかったですよ。。
そんで なによりも、この席でこの料理で、1人2600円とかなり格安でした。。

Mっぺ、早速パーティの予約。
よかったね!!

やきとり戎 http://www.yakitoriebisu.co.jp/

おなか一杯になったところで、王子合流。

前に王子と1回行ったことのある、『喫茶銀座』へ。
マニアックなカフェ(喫茶)なので、Mっぺの反応が不安でしたが、
さすがMっぺ、ココもちゃんと気に入ってくれました。

いや、、喫茶銀座、いいんですよ。。
c0149404_21461621.jpg

喫茶銀座の素晴しい雰囲気と初公開Mっぺ(笑)。


こんなレトロなもの飲みたくなる素敵な場所
c0149404_21472970.jpg


王子が昔懐かしナポリタンを注文していて、これ以上ナポリタンが似合う男はいないと、
しみじみしました。きっとここでDJしたら似合うのにな。。(DJブースもあり。)

やっぱいい『喫茶銀座』。http://www.kissaginza.com/


Mっぺと次はどこに行こうかな。。
しばらく恵比寿かな。。。
[PR]
腐れ縁M子の赤ちゃんとご対面してきた。。
c0149404_2104146.jpg

ぷくっぷくやん。。
c0149404_2111831.jpg

眼差しは一心に母へ。
c0149404_2121096.jpg

笑顔は花が咲いたみたいになる。。
c0149404_213029.jpg

泣いて飲んで遊んで 天使の寝顔。。



あ~~ 癒されたー…。

12年友達やってると 目の前のM子が信じられない。。
セーラー服だったのに…(遠い目)

買い物行ったり 家でアクセ作ったり 写真撮ったり フラれて泣きながら電話してきたり

色々あって、 そして今。

M子は本当に幸せそうじゃー。

このお姫様がお話できる様になったら また会いに行くよー。いやその前にあんよだねー!いやその前におすわりかー!!

4ヶ月なのにサラサラ御髪。。将来楽しみな姫君emoticon-0157-sun.gif
[PR]
by giddy_girl | 2008-05-11 21:12 |
ちと心が晴れる事があり、夜な夜な1人DVD鑑賞。

心晴れたというのに暗い1本目。

『病葉流れて』(第1章)。


ムラジュンの最新作。

60年代の日本を(多分)リアルに描いた1本。
自分の父親の若かりし頃と重なる時代設定。

大学生の風来坊がバクチ(麻雀)と女に溺れてゆく、なんかいかにもなかんじの。

第2章に続くらしく、物凄い中途半端さで終わったので何ともはがゆい。

とりあえずムラジュンはやっぱり痩せすぎで、、でも役には合ってるのかな。
吉野紗香がかわいかった。ハスキーボイスとベティちゃんのようなスタイルとセリフが
似合ってて、いい匂いがしそうな女の子を演じてました。

結局、なんだかなってかんじですが…。  http://www.wakurabanagarete.com/

なんかスッキリしないので、2本目突入。
ガラリと変わって、フランス映画。
c0149404_22434512.jpg

ジェーン・バーキンの『SLOGAN』。
ゲンズブール監督。
これ系の映画って、内容は無いのと一緒なくらいコテコテのラブコメ、
見た目が全ての映画。
見た目は完璧。
全てがおしゃれ。本当にかわいい。
洋服、雑貨、しぐさ、セリフ、かわいいーん。
ジェーン可愛すぎて鼻血出そうになった。。

だけどセルジュさん、キモイ。。。どこがカッコイイのかわからない。。
誰かセルジュの魅力を教えておくんな。http://www.kanshin.com/keyword/411559

しかし気づいたら、『病葉…』も後者も時代(「病葉…」は設定)が一緒でびっくり。
さすがフランス。どの時代もオシャレで陽気。
日本は当たり前だけど基本的に戦争の影響がすごいな。

最後に超かわいいジェーン3連発。
c0149404_22453059.jpg

c0149404_2245399.jpg

c0149404_22455040.jpg


あーかわいい。。。
[PR]
by giddy_girl | 2008-05-08 22:49 | 映画
連休は地味でした。

なぜならうちの王子が、わけあって大変なことに取り組んだからです。


c0149404_2221838.jpg

これっす。。

これは、音楽を聴くための、真空管アンプという、マニアックなやつです。
しかも それを、手作りっす(遠い目)。。


初日はバイト先のumiちゃんが遊びに来てくれたので、ほっこり。
c0149404_2285479.jpg

ケーキと共に…ありがとうemoticon-0152-heart.gif
そして、初対面の王子とumiちゃんが、中学校地区が同じで、同じ知人が居た。。
初対面の2人が、『たけしっていいやつだよねー!!』って言ってる。。
たけしってだれ… 

日本って狭いんだな。。




王子がハンダゴテと格闘中、私は
c0149404_22115266.jpg

ネックレス作ったり
c0149404_2212202.jpg

切り絵やって楽しんだり

色々考えすぎて 落ち込んだりニヤけたりしていたら
c0149404_22131235.jpg

もう わけわからんことに。。
すごいっすね。。


家に篭った事で掃除と考え事がはかどった。
晴天に、あえての篭りGW。
しかし王子の戦いはつづく。。。
[PR]
by giddy_girl | 2008-05-08 22:18 | 雑学
c0149404_2345775.jpg

大学時代の友、すーみんが、北海道でめでたく嫁に行きました。

よかったねえ。。しみじみ・・・
最近 友達が嫁に行くと、なぜか嬉しい私。良かった良かった。

自分の心配するべきなのか…。


そのすーみんにもらった蜜蝋を、今夜灯してみた。

火を灯すと 暖かい光と共に 蜂蜜のほのかな香り…

照明を消して火の光だけにすると もっとリラックスできるらしい。

消してみた。


………。


なんか、リラックスしたいのに、ぼーっと座ってられない自分。

ソワソワしてこの空いた時間になんかしなきゃとか思ってる。


気づいたら、爪を切っていた。。


パチン、パチン…

ローソクの灯りで夜な夜な1人爪を切る女29歳…

結構 さみしかった…。


でも蜜蝋は本当に良い香りだ~。色もキレイだしねemoticon-0152-heart.gif

北海道富良野、Candy Ships http://www.candle-ships.jp/
通販もできる。かわいい蝋燭 いっぱい。


カメラが戻ってきて、嬉しくて全く意味の無い写真ばかり撮ってます。
まだまだカメラ初心者の私は、絞りやシャッタースピードを変える度に変わる
表情が面白くて仕方ないという段階。
まだ、あらゆる機能を駆使して、調節して、思い通りの計画性のある狙った写真が撮れるまでには時間が掛かりそう。

GWに少し上達するといいですね!(←他人事)

c0149404_23545844.jpg

ぐあ~~ん。

c0149404_23552953.jpg

びゅおーーん!

c0149404_2356558.jpg

正体は このコ。
エヘ、エヘ!(←自己満足)


しかし、GWの予定が… 
明日友達が遊びに来てくれる以外で、
あとの外出予定が 東武の『大北海道展』だけってどうなのよ…。
カミカミ王子さんよ…。

でも人混み嫌いな私達なので、本当は旅行とか美術館とか観光地行きたいんだけど、
あえて行かないんだと 思う。


金が無いだけか……。
[PR]
by giddy_girl | 2008-05-03 00:06 | 雑学
←menuへ