1歳10ヶ月





c0149404_2312332.jpg

c0149404_23121118.jpg

c0149404_23121839.jpg

                    さあて、1歳10ヶ月。ますます面白くなってきてしまった彼女(笑)。

                    1歳9ヶ月目は、母としてはかなり大きな進歩が見られた月になった。

                    9月の横浜前後あたりから、急に文章が言えるように!二語文てやつなのか?
                    それが、、こんなにかわいいものとは!!
                    と、親バカ全開ですけども。。

                    ずーーっと「抱っこ」を、「こっこ」としか言えなかったり、
                    「やっほーー」も「あっほーー」としか言えなかったり、
                    「ねこ」と「ぐり、ちゃちゃ」が同じだったり。
                    そういうあいまいなところも、急にきれいに正しく言えるようになったり。

                    スラスラっと、「〇〇(名前)ちゃん、ここにいたのよ~~」とか、
                    「ぶどう、きょうあるかな~~」とか「ちょっと~~、なにしてんの~~?」とか
                    いきなり喋るようになるんですね(笑)。

                    今まで単語を絵本で一緒に教えてたりしたけど、もうただ普通に喋っているだけで、
                    次の瞬間から彼女のものになっている、的な。


                    2歳も過ぎる頃にはかなりぺらぺらになっているんだろうな。

                    言葉的なかわいさは、今MAXだと思う(笑)。これからはどんどん生意気に
                    なるんだろうなって。笑

                    イヤイヤ期が激しくなるっていうのはやはり徐々にあるけど、喋りが少しずつ
                    発達している分、言い聞かせが少しずつできるようになって、娘も前より意思が
                    伝えられるようになって、そこだけは、ちょっと楽になってる気がする。
                    受け答えの仕方もバラエティ豊富になって、「娘とおしゃべりしている」感覚が
                    すごく楽しくなってきた。

                    生まれたときの、笑いもしない、こちらから一方的なところから考えると、
                    すっごい成長だ!(だからと言って新生児にしか無いかわいさはあるけどね!)
                    
                    そして何より私の事をまだまだ一番大好きでいてくれる。
                    これが、本当に幸せ。。
                    「かあちゃん、だいすき!」ってぎゅーってしてくれる。ああ、、幸せ!!

                    この期間限定の幸せを噛み締める。それが今の私の幸せの全て(笑)。
                    娘が寝る前とかに「かあちゃん、かあちゃん」って、用も無いのに呼んでくれるんだけど、
                    死ぬ時はこれの録音を聞いて逝きたいと思う(笑)。

                    
                    
                    トイレトレーニングは結局めんどくさくて進まず、でもトイレでう〇ちやチッチをする
                    っていうのはわかるみたいで、何度か奇跡的にトイレで大・小を成功させるも、
                    トレパンもまだ買ってないので、本格的にやるのは来年かな・・・。

                    

                    食事は全然食べないっていうのは解消されてよかったのだけど、やっぱりムラがあって
                    なかなか最後まで完食できず、毎回大好きなぶどうで釣ってなんとか食べさせてる状態。
                    
                    夜の寝かしつけはやっぱり父では無理・・
                    あと2ヶ月でどう変わるか。。

                    とにかく出産時の入院が心配でならない。娘の事が。


                    私はというと、早くも妊娠8ヶ月に突入。

                    相変わらず前回と比べて足のむくみやこむらがえりはほとんど見られず、
                    足のトラブルは本当に少なくて楽!

                    でも、恥骨痛、そして新たな腰痛、そして前回も苦しんだみぞおちの左側の激痛。
                    あとは、胃の圧迫感がどうも苦しくて夜寝られない。

                    基本この四重苦プラス、なかなか治らない、タンの絡む咳。

                    クリニックで風邪薬をもらって飲んでいるんですが、なかなか手ごわくて。
                    咳をするたびに、恥骨と腰に痛みが走って、ほんと、おばあちゃんになったみたいで
                    切ない。身体が思うようにならないって、本当に切ない。

                    前回も思ったのだが、妊娠後期に、将来老いたら、または病気になったらっていう、
                    身体がどんどん思うように動かなくなるシュミレーションをやっているような気が
                    してしまうのだ。
                    痛かったり、どこかが身体的に辛かったりするとイライラして、思考能力も
                    落ちて、集中力も無くなって、イヤなことばかり考えてしまう。
                    
                    健康でいることって、本当に本当に生きるうえで一番大事なことだなって思う。
                    そんなことを、毎回妊娠後期に思うのであります(笑)。


                    そんなこんなで、それでも毎日時間は自分が思うよりもずっと早く過ぎて行ってしまう。
                    ただただ一日を大切に生きたい。







                     


                    
[PR]
by giddy_girl | 2013-10-07 23:51 | 娘との日々
←menuへ