1歳の夏~式根島編~





c0149404_23433191.jpg

                    今年の夏は、来年の分まで満喫するぞ!ということで。
                    どうしても娘に海を見せたくて。
                    さらに家族3人で、東京の離れ島、式根島に行ってきました。
        
                    本当は、今年娘と2人で、お知り合いの方に便乗して与論島に行くことを
                    かなり真剣に目論んでいたんですが、この腹で娘と2人飛行機&長旅は
                    さすがに度胸が決まらず(夫は長期休暇取れず)、かといって来年海に行くって、
                    多分無理なんじゃ・・ってことで。
            
                    行ってよかった!続きはmoreで。






c0149404_23472156.jpg

                    新島や式根島へは、竹芝桟橋から船が一般的ですが、娘がいる事や
                    私が妊婦だったり、調布飛行場が我家から割と近いことから、
                    今回は飛行機で行ってきました。
                    天気が心配だった~~

c0149404_23503026.jpg
               
                    確か18人乗りの、小型飛行機。娘の初フライト。渋いわ。


c0149404_23512635.jpg

                    初めての雲の上。わかっているのかいないのか?必死に窓の外を
                    覗きこむも・・

c0149404_2352717.jpg

                    すぐに寝た・・・。やはり乗り物=寝る。は、初フライトでも同じ(笑)。


c0149404_23543755.jpg

                    そして40分弱で、新島に到着!
                    ここから船で10分で、式根島へ。
                    船を待つ間、砂浜へ行ってみた。娘、初めての海辺。
                  
                    最初は波を怖がって、ここでは砂ばかり握ってはぶちまけていただけ。


c0149404_23571951.jpg

                    かなりスリリングな船に揺られて、式根島到着!お天気は安定。良かった!
                    まずは、中の浦海水浴場へ。
                    岩場と松に囲まれて、本当に美しい。



c0149404_23574968.jpg

                    初めての海へ。。 少し怖いぞ・・


c0149404_23581584.jpg

                    でも、意を決して。お気に入りの石を握りしめながら入水・・・・いざ入ってみると・・



c0149404_004286.jpg

                    たのしーーーーやないかーーーい!!!



c0149404_012194.jpg

                    一度入ってしまえばこの笑顔。海をバッグに叫ぶわよーーー


c0149404_02089.jpg

                    初めての海水浴がこんなきれいな海で、贅沢だねえ。


c0149404_023454.jpg

                    砂を握り締めて叫ぶわよーーーーー

                    娘を抱っこして、初めて入った海。楽しくて、幸せで。
                    波打ち際で揺れているだけで幸せだった。



                    因みに娘の日焼け対策ですが、完璧は無理だろうとも、なるべく焼けないようにと
                    スイムスーツに、大人用の日焼け止めを塗りました。かなりこまめに。
                    お陰で手以外はあまり焼けずに済みました。
                    スイムスーツは必須ですね。あとアクアシューズ。コレがないと岩場で
                    遊べません。
                    1歳児に大人用のウォータープルーフの日焼け止め(SPF50++++)は、
                    良いお母さんは真似しないで下さい。
                    一応荒れないか数日前にチェックはしましたが。


c0149404_065348.jpg

                    次の日は、泊海水浴場へ。これまた楽しみにしていたそのままの景色。
                    湾になっており、遠浅なので、お天気が多少悪くても波が緩やかで、子供には
                    すごく良い海水浴場。


c0149404_010880.jpg

                    この日も台風の影響でかなりの強風でしたが、手前の岩場の方は川の様に
                    穏やかで、海じゃないみたい!
                

c0149404_0103375.jpg

                    ちょこんと座れる石もごろごろしていて、ほんとにチビ向き!
                    オススメの場所です。
                    歩く時だけ気をつけて。

c0149404_0114017.jpg

                    娘もここでは更に積極的で、もっともっと!と遠くへ父を誘導。
                    ヤドカリや、ウニを発見。

                    私もこの腹で、シュノーケリング。少し海中は荒れていたけど、
                    ブルーやストライプの魚達と共にしばし魚になって漂いました。
                    もちろんぐり父も。
                    相方が泳いでいる間は、娘と岩場で遊んでいました。この岩場スポットはほんと良かった。
                    


c0149404_013201.jpg

                    島内も、手付かずの自然が本当にワイルド。
                    小さいとはいえ物凄く起伏の激しい島。移動は娘つき電動自転車。
                    ああ、慣れているとはいえ、この身体ではかなりキツイわ。
                    元気な妊婦でよかったよ~~、、
                    ということで、家族連れにはほんとオススメですが、妊婦さんにはちょっと
                    オススメできないかなあ・・(笑)。


c0149404_014189.jpg

                    この鯨の石像よかった。バッグは海だし。


c0149404_0143789.jpg

                    階段を下りて行くと、式根島特有のリアス式の海岸線を見ることができる。
                    岩場が激しく突き出し、引っ込み、その少しの窪みに溜まった海水の美しさ。

                    ああ、あそこに飛び込みたいっていうスポットを上から沢山見つけながら、
                    不思議で雄大な自然の中に娘といることに幸せを感じる。


c0149404_0183813.jpg

                    もともと歩き好きな娘。あ・る・こー、あ・る・こー♪と、トトロの歌を歌いながら
                    起伏の激しい島の道をぐんぐん歩いてくれた。
                    

                    本当に初めてだらけのこの夏の経験。

                    例え記憶に残らなくてもいい。その時彼女が楽しければいいと、
                    今回ほんとうに強く感じた。

                    さあ、これから9月。私の腹もどんどん出てくる。
                    日常で楽しめる事、今だからできること、ちょっとづつ焦ってきたり。
                    でもやはり、基本娘のペースで、妊婦でいる事を忘れてしまいがちなのは
                    変わらず。
                    ここにきてマイナートラブルも出始めた。
                    そろそろ色々困難になるかなあ~~、、美味しいもの食べておきたいなあ~~
                    





   
[PR]
by giddy_girl | 2013-08-31 00:38 | 娘との日々
←menuへ