断乳 <完母の日々記録>





c0149404_11141679.jpg

                    去る11月29日、急に思い立ち、断乳を決めました。
                    なんだか長ーくなりそうなんで、続きはmoreで。。









                    急に思い立ったと言っても、やめ時をずうっと考えていました。
                    でも本当の理想は、娘が身も心も必要としなくなる、彼女からの「卒乳」でした。
                    母乳は精神的にもとても良くて、早くやめなければならないものではないという
                    説を読み聞く度、深く納得して、実際「卒乳」をしたママさんの話を聞くと、
                    本当に親子にとってこれが自然だなあと。

                    しかし私の場合、本当に単純というか情けないというか。。
                    大して生え揃ってもいない娘の前歯。11月に入ってから噛む噛む!
                    噛まない子は、何本歯が生えていたって噛まないそうで。。

                    寝かしつけはおっぱいのみでしていたので、無いと眠れない娘。
                    夜寝る前に飲んで、夜中に1度くらい起きる時にまた飲んで、昼寝前に飲んで。
                    それ以外は欲しがらなかったので、1日3~4回にはなっていたのですが。
                    出かけるとだっこで寝るので、夜だけの日もしばしば。
                    なにしろ授乳無しでは寝られない。それがとても心配でした。
                    私の方も決心が固かったわけでもなく、完母でかなり痩せてしまった体を気にしながらも
                    娘との唯一の繋がりが絶たれてしまう気がして、まだまだ気持ち的には先だな~
                    と言う感じだったのですが。

                    寝ぼけるとものすごい勢いで噛むので、耐えられませんでした(笑)。

                    28日の夜中に起きてしまったとき、いつもの様に授乳すると噛みまくるので、耐え切れず、
                    泣き叫ぶ娘を隣に一切あげなかった。1時間以上大泣きしていた。
                    その時、もう明日からやめないといけないと思いました。
                    かわいそうだけど、そのあとは諦めて寝ました。

                    次の日も、昼間は出かけると欲しがらないので、日中は苦労せず。夜はまた
                    泣き叫ぶ娘を抱きしめながら2人で格闘。でも、1時間も泣かずに眠気にまけてくれ、
                    次の日の夜は20分で寝てくれた。途中起きて泣いてもしばらく抱きしめれば
                    すぐに寝た。

                    なに、この簡単さ!!!!

                    あまりの簡単なチチバナレっぷりに驚いた。
                    結局、おっぱいに変わるほかの「安心」があれば卒乳できる状態まできていたんだと
                    わかった。

                    おっぱいをやめると、娘との繋がりが・・と少し寂しい気もしたのだけれど、
                    またまたそれがどっこい!これが一番びっくりした事なんですが、
                    やめたとたんに、娘からのスキンシップの要求が急激に増え、バリエーションも増え、
                    抱きしめてあげると喜ぶし、向こうも抱きしめてくれるし、今までで一番かわいい!!
                    寝かしつけも、私が、っていうより私のおっぱいがしてた感じだったのが(なんなら携帯
                    いじってる時もあったし)、私が抱きしめて、子守唄を歌うことで安心して寝てくれる
                    という、初めて自分を求められて、満足してくれたっていう喜び(笑)!!

                    はっきり言って、やめた今の方が、断然繋がっている!って思えます!
                    これは、便利なおっぱいでは得られない幸せ。

                    もちろん、授乳中のあの何ともいえない愛おしさは本当に他には代えられないもの。

                    せめて1歳まではあげたかったけど、私のおっぱいも本当に出すぎるくらい良く出て、
                    娘も食欲旺盛で沢山沢山飲んでくれた。
                    産まれたその晩から2人きりの部屋で、やり方もわからずにくわえさせたあの夜から約1年。

                    最初は吸引力が強すぎて傷だらけになり、入院中はその傷の痛みで出産の痛みを
                    すぐに忘れるくらい、娘と一緒に泣いて過ごした。

                    家に帰って傷も治り、2人の息が合うと、授乳という時間はなんて幸せなものだったのだろう。
                    完全母乳に絶対こだわりたかったわけでもないけれど、本当に良く飲んでくれたので、
                    それが私達にとっては一番自然だった。
                    
                    もちろん、乳腺炎になりかけて冷や汗をかいた夜もあるし、夜中に起きない子だったので
                    張ってしまい、搾乳していた数ヶ月もある。最初は出すぎて大変だったなあ。。
                    何コレ、壊れた蛇口みたい!!って思ってた。。
                    でも、飲んでくれている時の娘の顔。
                    あの溢れ出る感情は何だろう。
                    
                    父親に抱かれて火がついたようにずーーっと泣き叫んでも、私にチェンジして
                    おっぱいをあげるだけでピタッと泣き止む、あの優越感(笑)!

                    あの、びっくりするくらいの早さで泣き止む、授乳のすごさに、ずーーーっ頼ってきた。
                    ミルクも、結局1度もあげずに済んだ。
                    私と娘の体質だけでなく、子育ての状況でできたこと。家族にも感謝。
                    本当に素晴らしい完全母乳の時期を過ごせたと思う。


                    だから、悔いは無い。

            
                    断乳から6日が経ち、順調に過ごしている。スキンシップで彼女が安心して寝てくれると
                    とても幸せ。そして、添い乳で寝かしつけしていた頃より早く寝る!
                    本当に身体的にも楽になった。
                    
                    まだすっかり忘れてしまったわけでは無いようで、眠い時私の服をめくろうとしたり、
                    指をしゃぶって泣くのを見ると少し心が痛いけど、心で繋がれることが増えたので
                    それも2人で乗り越えて行こうと思う。

                    デパートの授乳室も、よく行ったな~!!しみじみ・・・・
                   
                    
                    私のパイの状況ですが、もう既に妊娠前よりも小さい、というか全く無いじゃん!
                    という、悲しい状態までしぼんでいました。
                    出ている量も少なかったんだろうと。だから不満で噛んだのかな?
                    なので、心配していた張りや乳腺炎も全く大丈夫でした。
                    ちょうど止め時だったのかもなあ。。
                    本当に、あの出産直後の、自分のものとは思えない巨乳を一枚でも写真に
                    収めておけばよかったと後悔しています。。


                    断乳して、意外にも新しい彼女に出会え、2人で新しい一歩を踏み出せた感じが
                    今は嬉しい。
                    よく食べ、よく寝てくれる。本当にありがたい。
                    
                    健康でいてくれることに、毎日本当に感謝!



              

     


                 

                    
[PR]
by giddy_girl | 2012-12-05 15:44 | 娘との日々
←menuへ