助産師さん訪問





c0149404_17553197.jpg

                  先日、市の助産師さんの、新生児訪問というのがあった。
                  産まれたよと報告すると、無料で来てくれて、体重や身体のチェック、
                  発育状態のチェックをしてくれます。
                  この携帯用の量りで量るの、すごくかわいかった。
                  娘は40日にしてほぼ5キロに達し、表情や身体をよく動かし、
                  とても健康的とのこと。
                 
                  そろそろ外出もしたいので、授乳クッションを使わない縦だっこ
                  をしながらの授乳法を教えてえもらったり、うつ伏せ体操も
                  教えてもらった。
                  縦だっこでの授乳は初めての試み。私は授乳クッションが無いと
                  授乳できない派になってしまっていたため、外出先での授乳に
                  すごく不安があったのだけど、意外とすんなり。
                  姿勢がきついけど、仕方ないかな。。

                  うつぶせ体操は、首が完全に座っていない今は、基本うつ伏せに
                  させるだけで、あとは腕力とか背筋とか色々使って上を一生懸命
                  向いて首を上げるのをキープする娘を見守るのみ。
                  その時声をかけてあげたり、背中や足に触ってあげるといいらしい。
                  視界も広がって、筋力もつき、程よく疲れる程度がいいみたいなので、
                  授乳の前など3分くらいやってみている。
                  ふらふらする首が鳥のヒナみたいで面白い。
                  こんな光景も、もう少しで見られなくなってしまう。
 
                  夜はとてもよく寝るようになってきた。
                  夜中の12時から朝の6時ごろまでぐっすり寝てくれるから、
                  私も睡眠時間が久々にまとまってとれるようになり、楽になった。
                  朝、おっぱいが溜まってしまいカチカチで恐怖だけど
                  助産師さんに見てもらったら、これくらいなら大丈夫、とのこと。
                  娘が飲んでくれるだけでふにゃふにゃになって楽になるので、
                  なんだか娘に治療してもらっているみたい。
                  ひそかに娘のことを「おっぱい先生」と呼んでいる。
                  
                  あとは最近、やっと添い乳をマスターした気がする。
                  今までは成功率60パーセントくらいだったのが、95パーセント
                  くらいになったかな。添い乳は起きてする授乳の二倍は幸せ
                  を感じられる。デメリットはもちろん、何もできないことだけど
                  一番娘との繋がりを感じられる時間。音楽を聴いて添い乳、
                  これが今の一番の至福の時。


                  今週は、初めてベビーカーで娘と二人、電車に乗ります。
                  2駅だけど、どきどきだーー。
[PR]
by giddy_girl | 2012-01-22 18:53 | 娘との日々
←menuへ