破水から病院まで 〈まさかの今夜・・?!〉




                    結局里帰りは出産まではしなかった。
                    ぐり茶々と離れたくないし、普段の生活の中でその時を待ちたかった。
                    12月6日、その日も何事もなく、寒い日だったのでめずらしくウォーキングもそこそこに
                    昼寝をたっぷりしたりして夜になる。

                    もう来週まで出てこない気がして、張りつめていた気を緩める。というか、諦める。
                    こりゃ42週も過ぎちゃって、誘発剤のお世話になるコースだな。
                    赤さんは相変わらず胸のすぐ下でキックしたり、しゃっくりしたり、
                    下へ下がればいいものの、左右反転したりして、全く出てくるつもり
                    無いんだねって感じ。

                    前触れは先週末から続いていたおしるしのみ。でも予定日過ぎたおしるしなんて、
                    今更何の期待も持てず…。そりゃーおしるしくらいあるよね、程度。


                    心配なのは、3500㌘と言われた推定体重。
                    あと1週間も遅れたら、一体何㌘になってしまうのか…。
                    でかすぎて出てこれなかったら、やっぱり帝王切開…?仕方無いかあ~…。。
                    昼間たっぷり寝たので夜眠れずにベッドの上で悶々とする。


                    深夜1時頃。さっきから何かじゅわっと出ている。。
                    多分おりものか何かだろう。破水ならきっともっと分かりやすい気がする…。
                    でも何だか気になりトイレへ。
                    トイレへ行き、『じゅわ』が止まらないことで破水だと確認する。
                    おかしなことにどんどん冷静になる自分。
                    ベッドに戻り夫を起こし、病院に電話をし、猫のエサを補充する。


                    入院準備してあったバッグを持って、ぐり茶々を一回ずつ抱っこする。
                    静かに家を出る。


                    夫の運転で病院へ。深夜だから道路は今までで一番空いていた。
                    何となく生理痛のような薄い痛みを感じ始める。
                    破水は少し動く度に出ているのがわかって少し怖い。

                    破水からなので本陣痛がつくまで時間かかるかもなあ…なんて考える。
                    いよいよ進歩した展開。太陽と一緒に気持ちが昇っていく。


                    病院に到着すると、すぐに分娩室に回された。
                    今病室が空いてないからここで点滴するね、と言われ、gbsの点滴が始まる。
                    分娩室は10畳ほどの綺麗な和室なので、なんだか夫と旅館にでも着いたみたいな
                    変な感じ。
                    分娩台も無いし、まだ苦しくもなんともなく、アロマなんか炊いちゃったりして、
                    とっても落ち着く。
                    これから出産するなんて信じられない!
 
                    12月7日、深夜2時頃。
[PR]
by giddy_girl | 2011-12-16 18:50 | 出産
←menuへ